SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

ムシぴ

ムシぴ

ボカロカルチャーに衝撃を受けて自作曲の発信を始めるも、その主たるインスピレーションはジャズやタンゴからバリバリに受けるというダークマター。「赦しの音楽」を標榜し、自身の過去を終わらせるためただひたすら大好きな音を紡ぐ。ダイナミックかつ繊細なメロディとコードワークは、ジャンルを飛び越え広く評価を得ている。