SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

渋谷 慶一郎

渋谷 慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。
代表作に “ATAK000+”、 “ATAK010 filmachine phonics” など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム “ATAK015 for maria” を発表。
2010年には “アワーミュージック 相対性理論 + 渋谷慶一郎” を発表。
以後、TBSドラマ、映画 “SPEC” など数多くの映画音楽を担当。
2012年末に、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不
在のボーカロイド・オペラ “THE END” を山口情報芸術センター(YCAM)で制
作、発表。初音ミク及び渋谷慶一郎の衣装をルイ・ヴィトンが担当し、斬新なコ
ラボレーションが話題を呼んだ。
2013年5月、東京・渋谷のBunkamura・オーチャードホールにて、”THE END” 東京
公演を開催。
同年11月には、パリ・シャトレ座にて “THE END”パリ公演を開催。三公演のチ
ケットが即時にソールドアウトするなど大きな話題となった。
また、同時にCD作品として “ATAK020 THE END” をソニーミュージック、および
ソニーミュジック・フランスから発表。
2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の
個展に合わせて、杉本とのコラボレーション・コンサー ト”ETRANSIENT”を公
演。個展で発表される杉本のインスタレーション3作品にも立体音響による音楽
を作曲、提供した。
同年10月には、昨年THE ENDパリ公演を開催したシャトレ座にて、ピアノとコン
ピュータによるソロ・コンサート”Perfect Privacy”を開催。
2015年6月には、ボーカロイド・オペラ”THE END” のオランダ・ホーランドフェ
スティバルでの公演が決定。

http://atak.jp