SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Amps

Amps

群馬在住のKeisuke Nagataによるソロプロジェクト。Trip HopやDrum’n Bass,DubstepといったUKクラブミュージックをルーツとし2009年にDJを開始。その後、国内Bass musicシーンと親交を深める中でUKブリストルのアーティスト達と関係性を深めAddison GrooveやDenham Audioを招き国内ツアーを実施するなど活動の幅を広げる。
イベントオーガナイズや出演を繰り返す中で表現の幅を広げるべく2012年から本格的に楽曲制作を開始し、2014年に「Bleak Vibe」をTREKKIE TRAXよりリリース。その後も精力的に制作を行い80KidzやAfro Begueといった国内アーティストへのリミックス提供など
を重ねる。また制作楽曲が米国大手音楽メディアである『Thump』『Rolling Stone』でのフィーチャーされるなど国内外問わず評価を獲得している。2020年以降、ヨーロッパやイビサのクラブシーンを中心に盛り上がりを見せるMinimal / Deep Techへ急接近し自身のスタイルを構築。2021年6月にはTREKKIE TRAXより「Be On A Roll EP」を発表。その後もDeep Techを中心としたリリースを自身で重ね、新たなスタイルのもと活動の幅を拡大している。

Amps is a Japanese DJ and composer. He belongs to a Japanese internet label”TREKKIE TRAX”.
After spending his youth with Trip Hop, Drum’n Bass and Dubstep, he started DJing.
After that, he was based in Takasaki WOAL. At the same time, I learned House Music and Disco Music. Currently, he is DJing mainly in Gunma and Tokyo.
In track making, he mainly produced Juke / Footwork and Jungle. His track featured at ‘Rolling Stone’ and ‘Thump’. But since around 2020 he has been energetically producing Minimal / Deep Tech under the influence of Solid Grooves Records and more.

Instagram /Twitter / Soundcloud / Bandcamp / Spotify / Apple Music / Beatport