SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

BOT

BOT

ホラー映画を見た夜にドアを激しくノックする音。過去&未来を行ったり来たりする夢から覚めるような感覚。未来が今だと理解するのに100%の準備ができていないのかもしれないという不安感。Botとしても知られているイタリア生まれLA在住のAndrea Fratangeloは彼自身のプレイスタイルをそのままに、最先端のサウンドを製作している。Astronomar、Neotericと【MAIN COURSE】のレーベルを形作った彼のスタイルは、間違いなくクラブの影響力があるが、人々が考えている「クラブ」の意味とは違い、オリジナル性は彼の影響力と過去の作品のサウンドから容易に分かる。

2014年12月にGenghis Clan & Botとしてリリースした”Roff”で現在の方向性へ進化を遂げた。パーカッションにフォーカスを置き、ベースラインにサチュレーション、さらに計算されたリズム上にホワイトノイズを乗せ、独自のスタイルを導き出す。彼の作品は、最先端のサウンドを基盤としながらあらゆる自然の要素を具現化している。

“Roff”に続いた彼の才能を垣間見れたのは【Dirtybird】からリリースされたSage ArmstrongとのコラボEP “She Smokin”。この作品は少しダークでミュートされたベースラインとローファイでストーリーテリングなボーカルに重点が置かれている。【MAIN COURSE】からの”Plates Vol.2”ではSage Armstrongと再びコラボ。彼のカタログにはDestructo、Brenmar、UNIIQU3のリミックス、A-Trakの名門レーベル【Fool’s Gold】、Riva Starrとの共同プロジェクト、LAを本拠地に人気を誇るAC Slaterの【Night Bass】からTony Quattroとのリリースが含まれていた。

2016年6月には、Kaleena ZandersとのEPを【Night Bass】からリードトラックとして公開。さらにLow Steppaとの共作EP “This Ain’t Bristol”も発表された。Will ClarkeやBilly Kenny、Sacha Robotti、Craig Williams、Mike B、Matthew Anthonyなど、数々のアーティストとのコラボレーションの為、日々忙しくスタジオに入るBotの音楽には太いベースラインとインパクトのあるドロップが際立っているが、今後の作品では、連続した抑揚のあるグルーヴをダンスフロアで堪能できるだろう。