SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Daddy’s Groove

Daddy’s Groove

ハウスとエレクトロとの狭間に位置し、音楽市場を揺るがす程の存在であるDaddy’s Grooveのサウンド。これまでに数多くの作品をリリースしており、今や説明不要の【Spinnin】、全世界で開催されるフェスを率いる【Ultra】、Swedish House MafiaのAxwellが主宰する【Axtone】、 世界ナンバーワンDJことDavid Guettaの【Jack Back】などの有名レーベルにサポートされている。

AxwellやDavid Guettaなどのリミックスの経験を経て、”Stellar”、”Unbelievable”、”Vertigo”、そして”Tilt”などがBeatportのTop100チャートにランクイン。

オリジナル楽曲やリミックスと同様に、プロデュースでも頭角を表し、Britney Spears、Lady Gaga、そしてDavid Guettaなど著名なアーティストに楽曲を提供。Britney Spearsの “Britney Jean”、Lady Gagaの “Artpop” そして、David Guettaの最新アルバム “Nothing But The Beat”。大ヒットとなった “Listen” をも手がけた。

それ以来、Daddy’s Grooveは世界中をツアーし、Swedish House Mafiaの『Masquerade Motel』、David Guettaの『F*** Me I’m Famous』、『Ministry of Sound』でのヘッドライナーやラスベガスの『Marquee Day Club』、シンガポールの『Zouk』、ニューヨークの『Pacha』など 、世界有数のフェスやクラブへの出演を重ねる。David Guetta、Afrojack、Nicky Romeroなどと並び、『Tomorrowland』のメインステージにも登場し”Surrender” (ft. Mindshake)”のデビューパフォーマンスを披露した。

2014年、イタリア人アーティストの Congorockとの共作、”Synthemilk”で再びBeatport上位にランクインを果たし、メインチャートで3位にまで上り詰め、Nari&Mianiとのコラボレーション”Big Love To The Bass”、そして、ポップな楽曲の”Pulse”はiTunes Dance Chartでトップ10入りをした。

2015年は彼らの新しい動きの鍵となる年となる。イタリア のリビエラエリアで毎週レジデンス出演する自身のパーティー『Tribe』をスタートし、『Amesterdam Dance Event』など海外フェスにも参加。世界中の音楽シーンやラジオでもピックアップされた美しい楽曲 “Where I Belong”のリリース。そして、日本人プロデューサーJAXX DA FISHWORKSとのコラボレーショントラックはKryder主宰の【Sosumi Records】からリリースされ、”1001Tracklists”では世界中でプレイされた曲の中で4位に入り、話題を攫う年となった。

2016年、再びSpinninファミリーへと回帰し、大ヒットとなるMindshakeとKris Kissとの共作 “WOW!” をDoornから、”Back To 94(ft. Cimo Frankel)”をSpinninからリリースした。