SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DANNY AVILA

DANNY AVILA
Danny Avilaは過去類に見ないほどの実績を持つ23歳である。
確固たるプロダクションサウンドとユニークなDJスタイルで、彼は同世代のアーティストから抜きん出た才能を発揮している。彼の音楽は、SONY、Interscope、Musical Freedom、Spinnin ‘Records、Ultra Musicなどの主要レーベルでリリースされている。
 2017年のDJ Mag TOP100 DJ RANKING では52位を獲得した。
Dannyの目では、DJはアートの一種であり、テクノからビッグルームまで、そしてテックハウスからトラップまで、様々なジャンルがあり、常に新しい表現方法を模索している。
彼が持つアイデアは、多くのDJが23歳の時点では夢でしか見ることのできないものを達成したことで実績を果たしている。
彼はまた、「Ministry of Sound:Danny Avila Live」、Space Ibizaの「Ibiza Calling」、 DJ Mag UKのDanny Avila’s Big Room MIX。 Dannyは、DJ Mag UKのカバーマウントCDを作った最年少アーティストでした。さらに世界的に有名なファッションブランド「tigha」とコラボレーションしています。
スペインのマルベーリャに生まれた彼はで12歳から音楽活動を始め、素晴らしい才能をいち早く発揮し、14歳にマドリードに拠点を移した。
その後すぐにIbizaでプレイすることなった彼と、Pacha Ibizaで一緒になったTiëstoは彼にコンタクトをとることになる。
その時にはダニーは10時間プレイすることができ、さまざまなジャンルでプレイすることができ、クラウドの意図を読み、盛り上げることが可能であった。
そんなダニーの才能に惚れ込んだTiëstoは一緒にアジア、北米、ヨーロッパをツアーし、その後、数時間で何万枚も売り切れた「Greater Than Tour」アリーナツアーで、Calvin Harrisと並んでツアーを行った。
彼はまた、アメリカツアーで行い、わずか30日間で28のギグを成功させた。
ぞじてコーチェラ、ウルトラミュージックフェスティバル、EDC、Electric Zoo、クリームフィールズ、トゥモローワールドなどに出演を果たした。またZoukOut、Parookaville、Mare Nostrum、Nature One、LIV Miami、Space New Yorkでも出演を果たした。
その後ラスベガスでは最年少のレジデントアーティストの記録を持つ。
2016年には、TiëstoやCalvin Harrisのような次世代アーティストの後継者として認められるようになった。
2017年には有名歌手Gavin Jamesのリミックスをリリースしました。リリース後数週間で600万回以上ストリーミングの大成功を果たし、続いて、TiëstoのトラックOn My Wayのリミックスをリリースしました。
またプロスケートやスノーボーダーの地位を誇るアビラは、スペインウェイクボード選手権で2位、欧州ウェイクボード選手権で7位、ワールドウェイクボード選手権で12位の結果を残した。
NERVOとチームを組んだ作品は、Spinnin ‘Recordsの最も強力なコラボレーションの1つとして話題になり、スペインのダンスチャートで1位を獲得。
2018年にはソニー・ミュージックとの契約を明らかにしたダニーは、英国バンドThe Vampsとアメリカ若手注目株のラッパーMachine Gun Kellyとの共作「Too Good To Be True」を発表した。