SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DAOKO

DAOKO

1997 年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。

15 歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。16 歳にして2013 年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。2014 年公開映画「渇き。」では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」( 公式サイトhttp://animatorexpo.com/) の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽をTeddyLoid と担当。世界各国から大きな注目を集める中、2015 年3 月女子高生にしてTOY’ S FACTORY より1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たす。 彼女らしい独特の世界観はそのままに、新進気鋭トラックメーカーやGREAT3 片寄明人 が参加し制作する。同年8 月17 日には渋谷WWW での初ワンマンライブを行い即日完売となる。10 月21 日にはDouble A Side 1st シングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」を発売。2 本の大型MUSIC VIDEO 企画が決定する。第1 弾は、日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響 × DAOKO 企画、スタジオカラーによるアニメーション・ミュージックビデオ『GIRL』。第2 弾は、DAOKO 初の顔出しとなった児玉裕一監督による『ShibuyaK』。ブラインドしていた彼女の全貌が明らかになった。2016 年1 月15 日には、“DAOKO THE FIRST TOUR” 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST 公演をこちらも完売し大成功を収める。同年4 月より、日本で最も注目を集める4 人の新世代クリエイター「PALOW× 吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL2016 年度新CM そしてCM ソングを担当が決まる。印象的な歌声とナレーションは話題を集める。さらに、Reebok CLASSIC が2016 年フォーカスする「フューリーライト」のイメージムービー“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie” に DAOKO が出演『FASHION』が起用される。その中で待望のTriple-A Side 2nd Single「 もしも僕らがGAME の主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」を9月14日に発売が決定。さらに9月よりCygames 2016年TVCMに『もしも僕らがGAMEの主役で』が決定した。シングルからの2016年ツアー”青色主義” は東京・大阪・韓国4Daysの公演を行い、大成功を収めた。そして、2017年2月より“青色時代” ツアーが決定した。