SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DEAN -LIVE-

DEAN  -LIVE-

ディーンは韓国のフューチャーR&B アーティストであり、今まで数多くのミリ オンヒットを産み出してきた実力派ソングライターである。

YouTube で 1800 万回以上の再生数で話題となったシングル「It G Ma’」で世 界的な認知度を誇る韓国人ラッパー、キース・エイプのクルーの一員としてわ ずか 16 でヒップホップアーティストとしてキャリアを始める。そして、18 の 時にシンガーとしての実力、また中毒性のあるメロディを創り出す才能に気付 き、シンガー・ソングライターとして道を新たにする。今では VIXX や EXO な ど K-POP の有名アイドルグループへの楽曲提供を行い、ヒット曲を量産。誰も がディーンの実力を認めるようになった。2016 年の楽曲としては、EXO の 「Unfair」や Lee-hi の「World Tour」も彼の書き下ろした作品である。

現在ディーンはアメリカと韓国の両方に渡って活躍すべく、数多くの人気アー ティスト、プロデューサーと共演を重ねている。Mr.Camack、Soulection の DJ esta、Anderson .Paak、Eric Bellinger、EXO、Crush、ZICO など一部挙げて もこの豪華さである。

2015 年 7 月にシングル「I’m Not Sorry」を英語でリリース。英語のみでの リリースは初めての試みだったが、同作品でグラミー賞受賞経験を持つシンガ ー・ソングライター/プロデューサーの Eric Bellinger をフィーチャリングし、 ミュージックビデオは YouTube で 1500 万回という脅威の再生回数をたたき出 した。

韓国での 2nd シングル「Pour Up(Feat. ZICO)」は韓国では最も権威ある Korean Music Awards にてその年のベスト R&B/Soul 楽曲として選ばれ、若手として は異例の注目を集めた。

最新シングル「What 2 Do (feat. Jeff Bernat, Crush)」は 2016 年 1 月 28 日にリリースされ、韓国大手のデジタル配信チャート「MELON chart」にてト ップ 11 を記録した。同チャートでは、トップ 20 に Zion. T、Zico、IU、Beenzino、GG より Taeyon など、またトップ 100 には Big Bang、Sam Smith、Maroon 5 や EXO など名だたるアーティストがディーンに続いてランクインしている。

1stEP の<130 mood : TRBL>は既に発表された楽曲 3 曲を含む、I Love It (Feat. Dok2)、Pour Up (Feat. ZICO)、What 2 Do (Feat. Jeff Bernat, Crush)、 And You? (Skit) (Outro)、Bonnie & Clyde、D (Half Moon) (Feat. Gaeko)、 21 の計7曲によって構成されている。EP の名前の「130」はジェームズ・ディ ーンの愛車のボンネットに同じ数字が印字されていたことに由来し、ディーン というアーティスト名もジェームズ・ディーンにインスパイアされたものだと 公表している。さらに「TRBL」は trouble の略であり、ディーンのニックネー ム「DEAN TRBL」から採ったというバックストーリーがある。

EP に収録された曲は最後の曲から逆に辿っていくと、一人の男の恋愛物語を表 現している。21 歳の女性に恋をするところから始まり、辛い失恋に終わる。誰 もが一度は経験したことのあるこの物語は聴く人の共感を得ている。

ディーンは今年、SXSW 2016 の Spotify house や Hypetrak stages にアジ ア人アーティストとして初めて登場した。今後も世界中の音楽イベントやフェ スへの出演が期待される。