SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DELPHIC

DELPHIC

2008年に、ジェイムス・クック(ボーカリスト兼ベーシスト)、リチャード・ボードマン(マルチ・インストゥルメンタリスト)、マット・コックセッジ(ギター)らによりマンチェスターにて結成された。
ハウス、テクノおよびエレクトロとロックを融合したサウンドが特長で、ライブ活動を始めると数々のメディアから注目を浴びるようになり、地元テレビ局がライブ映像を放送すると、数々のレーベルからの問い合わせが殺到。
2009年4月にR&Sからファースト・シングル「カウンター・ポイント」をリリース。その後、キツネ・ミュージックからセカンド・シングル「ディス・モーメンタリー」をリリース。
2010年1月にはサード・シングル「ダウト」をリリースした。
2010年2月には、デビュー・アルバム「アコライト」をリリースし、ダンス・ミュージックとしては異例の全英初登場8位を記録した。
彼らの音楽性は、幅広いミュージシャンから賞賛を浴び、ブロック・パーティーは、ツアーのオープニングアクトとして招いており、トム・ローランズ(ケミカル・ブラザーズ)やマイク・スキナー(ザ・ストリーツ)もファンであると表明している。
日本にはサマー・ソニック2009など、2度の来日公演を行い、いずれも高い評価を得ている。