SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DJ YAS & RINO LATINA Ⅱ

DJ YAS & RINO LATINA Ⅱ

日本語ラップの金字塔であるヒップホップ・クラシック「証言」にて証言1を務めたRINOと、同曲のトラックを手がけた名プロデューサー、DJ YASによる最強デュオ=RINO & DJ YAS

’90年代前半にRINODJ YASGAMAを加えた3人でLAMP EYEを結成し、日本のヒップホップ・シーン黎明期の中、「BLACK MONDAY」、「亜熱帯雨林」、「鬼だまり」など様々な伝説的イベントにメインアクトとして参加。’96年に日比谷野外音楽堂にて開催された日本初のヒップホップ・フェス「さんピンCAMP」にもLAMP EYEとして出演を果たしている。さらにYOU THE ROCKTWIGYらと結成した雷家族(KAMINARI-KAZOKU)でもRINODJ YASは中核メンバーとして活躍し、’04年にはアルバム『330 More Answer No Question』をリリースした。

それぞれソロ活動も積極的に行なっており、RINORINO LATINA II名義でこれまで2枚のソロアルバム『Carnival of Rino』、『II』をリリース。一方、DJ YASは様々なアーティストのプロデュースを手がけながら、2枚のソロアルバム『ライト』、『Smoking Gun』やプロデューサー集団であるKEMURI PRODUCTIONSの一員としても作品を発表してきた。

’09年にはRINO & DJ YAS名義でアルバム『Lamp Eye Flava』をリリース。現在も音楽フェスなどの出演を軸に定期的にライヴを行なっている。

16年には「証言」を20年ぶりにアナログ7インチで再発し、11月3日に開催された’’レコードの日’’

に置いて発売された並み居るアーティストのなかで売り上げ枚数ダントツの一位を獲得。

20年の時をこえてゆっくりと浮上するランプアイ。

これから続々と放たれるランプアイ7インチ企画から目が離せない。

型にはまらない深海(震界)からのアクション、メッセージの一挙手一投足を見逃すな!