SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

DOBERMAN INC

DOBERMAN INC

1990年代後半、日本でまだまだ“HIPHOP”、“ラップ”という存在が今以上に認知されていない時代に、大 阪のCLUBシーンで他と一線を画す5人のラッパーが輝きを放っていた。 メインストリームを意識した関西の雄WEST HEAD(GS,KUBO-C,P-CHO)、怖いもの知らずの暴れん坊 TMG(Tomogen)、孤高のリリシストMAB。彼らは10代の頃から関西を中心にCLUBイベント、レギュラー パーティーなどに多数出演し、その実力とハイスキルなパフォーマンスでそれぞれが着実にプロップスを 得ることとなる。 そんな彼らに大きな転機が訪れたのは2000年。今や日本が誇る世界のトラックメーカーBACH LOGIC の呼びかけにより、今まで互いを意識しながらも決して交わることの無かった3組が、最強のHIPHOP集 団として”DOBERMAN INC”が結成される。サウンドプロデューサーBACH LOGICのもと、2002年6月 1st アルバム「DOBERMANN」をリリース。このアルバムが瞬く間に話題を呼び、地元関西から一躍全国 区へと躍り出ることとなる。 2004年にはメジャー第一弾となるミニ・アルバム「Conversation Piece」をリリース。その後、2010年まで にアルバム5枚、シングル1枚をリリース。 “新世代を代表するヒップホップ・アクト”としてシーンを次々と切 り開いてきた。他とは決定的に異なるスマート&タフなユニットで、リリック感、音楽観、ユニット感、その全 てにわたってヒップホップ的な視点から時代の旨みを搾り取るまでに引き出すのが彼等の最大の魅力で ある。 2006年をもってMABは脱退。2007年にはEXILEの呼びかけにより、EXILE,Sowel,DOBERMAN INC による夢のユニット『24Karats』を発表。 2009年には安室奈美恵のアルバム「PAST<FUTURE」の『FIRST TIMER』で楽曲に参加。 2011年2月にはPENICILLINのHAKUEIと異色のコラボ曲『666』を配信限定で発表。 そして、9月には三代目J Soul Brothers楽曲『FIGHTERS』に参加。オリコンウィークリーランキングで1位 を獲得!