SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

eita ogawa

eita ogawa

20台前半ぐらいから民族楽器、Didgeridoo(ディジュリドゥ)を使って都内を拠点に活動を開始する。

ドラムとディジュリドゥでのバンド「Astronomical unit」を経て、現在のドラムマシンやシンセサイザーを使ったライブセットに至る。

2019.2月に自身のアルバムAcid Sequence。2019.4月にレーベル、東京酔客録音部からmixCD、ACID SCIENCE。2019.9月にMadcore Recordsより、Acid sapiensをリリース。

4つ打ちを軸にしたフリーフォームなプレイスタイルで都内や近郊の怪しいバーからクラブ、ライブハウスなど場所を問わず活動中。「no smile,no party」をモットーに今日もaudienceを密林の何処かの宴へ誘い寄せているヤドクガエル。

Check out eita ogawa on #SoundCloud
https://soundcloud.com/eitaogawa