SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Gai Barone

Gai Barone

Gai Barone [Pure Trance / Zerothree / Bonzai Progressive]
イタリア出身のプロデューサーGai Barone。33歳と遅咲きのデビューながら彼がこの10年の間に手掛けたヒット作は数知れず、現在の彼がプログレッシヴシーンをリードする存在と言っても過言ではないだろう。
2010年にイタリアの名門Afterglowからリリースされたシングル “Lilith”がMarkus Schulzによって絶賛されるとGaiは独自の世界観を持った壮大なプログレッシヴサウンドを更に追求するようになり、”Mr. Slade”や”Anzoo”といった現在でも知られる代表作を次々とリリース。
多くのヒット作によって功績が認められるとSolarstoneが手掛けるシーンの新たなムーブメント”Pure Trance”へのメンバー入りを果たした。
Pure TranceではProg専用レーベル Pure Trance Progressiveの代表的なDJ / アーティストとして活躍。Mix CD “Pure Trance v4″ではDJ Mixを担当し、プログレッシヴという枠組でありながらテクノ〜エレクトロニカのような繊細さとトランスの持つエモーショナルなサウンドを掛け合わせた全く新しいDJスタイルが大絶賛された。2018年には最新のMix CDである “Progressive in theMmix 005″がBonzaiからリリース。更に洗練された現在のGaiのDJとしての一面が遺憾なく発揮されている。
近年ではASOT 850でドロップし、大きな話題を呼んだBTとJan Johnstonの初期作 “Calling Your Name”の2018 Remixに始まり、”Monoroid”や”Flash”や”Himika”などプロデューサーとしても多くのヒット作に恵まれており、2018年末には待望のニューアルバム”Under Zero”がToolroom傘下のZerothreeレーベルからリリース。
7曲1時間で1つの世界観を紡ぎ出す圧倒的なサウンドスケープにより高い評価とセールスを獲得している。