SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

I-VAN

I-VAN

沖縄県出身。世界のレゲエダンスホール シーンを牽引するトップダンサー。2003年初渡ジャマイカ後、現在は年間の半分をジャマイカにて活動する。レゲエダンスの世界大会”ワール ドレゲエダンスチャンピオンシップ”には2009年より毎年出場し、2012年度には見事悲願の第一位を獲得。日本人ながら名実共に世界一の レゲエダンサーの称号を得た。本国ジャマイカでもアイドル並の知名度と人気を誇り、ジャマイカの国営放送局”TVJ”の人気番組である、 SMILE JAMAICA”や”HYPE TV”他多くのメディアに日本人として初出演を果たす他、ジャマイカ政府主催の記念祝賀イベントでパフォーマンスをするなど、音楽を通して日本とジャマイ カの国交を繋ぐ重要な存在となっている。

彼のジャマイカでの活動の様子を収録し たDVD「I-VAN JAMAICA日記」は既に9作リリースされており、TSUTAYAやTOWER RECORDなど大手レコードショップやレンタルショップまたビレッジバンガードなど全国雑貨店でも取扱中である。これまでリリースされた全作品がレゲエ 関連DVD売上ランキング第一位を獲得しており (参照 Reggaerecord.com、Rockers Island Charts) 現在定期的にリリースされている唯一のレゲエ、ジャマイカ関連映像集としてジャマイカ政府観光局などでも紹介されている。また日本の旅行会社 と提携してジャマイカツアーなども行っている。

国内での活躍も目覚しく、観客動員数日 本一(3万人)の”横浜レゲエ祭”に2009年より毎年出演、日本全国のビッグフェスの常連としてその名を見ないことは無い。2011年は沖 縄県主催による世界の舞台で活躍する沖縄県民を紹介する「世界のウチナンチュー大会」に出演。ラジオ、新聞ではダンサーとしてはもとより、沖 縄出身のアイドル的存在として取り上げられている。またBEGINやモンゴル800といった地元沖縄を代表するアーティストとの交流も深い。 沖縄の新たなる”顔”として彼の存在感はますます大きくなっている。

近年ではダンス活動に加えて歌手やモデ ルとしての活動も華々しく、国内外含めて数多くのPVにも出演する他、人気メンズファッション雑誌”WOOFIN”や”SAMURAI MAGAZINE”では”adidas””Nine Rulaz””Irie Life”等の専属モデルも務めるなどマルチプレイヤーとしての顔も持つ。