SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

JAMOSA

JAMOSA

日本人の父親と台湾人の母親から生を受け、幼少の頃より音楽の道を志したJAMOSA。
10歳の時に、マイケル・ジャクソンの『Dangerous Tour』の来日公演にキッズ・コーラスとして参加。
多感な時期を日本&アメリカ各地で過ごし、本場のショウビズ界へドップリ浸かる生活を送る。
2006年8月、「DREAM」でメジャーデビュー。
2007年2月、待望の1stアルバム『One』をリリース。クラブシーンを中心に話題となり、5万枚以上を売上げた。
その後、レーベルを移籍し、2008年2月、2ndアルバム「CRY」、2009年2月、3rdアルバム『RED』をリリース。
同世代の女性達に熱く支持される圧倒的なヴォーカルと表現力で独自のポジションを確立する。
そして、2011年2月23日、日本テレビ系水曜ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の主題歌「何かひとつ feat. JAY’ED & 若旦那」をリリース。
リリースに先駆けてレコチョクで配信をスタートした着うた(R)&メロディコールではレコチョクの週間ランキング1位を共に獲得する。
2012年3月21日は、敬愛してやまないアーティスト達とのコラボレーションBESTアルバム「BEST MY LUV~collabo selection~」、初の丸々1枚JAMOSAのみの歌声のアルバム「TRY」を2枚同時リリース。
そして5月、6月、7月と3ヶ月連続LIVEを遂行するJAMOSA。
性別や世代、ジャンルを超えて、今もっとも共感を呼んでいるアーティストである。