SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Jay Hardway

Jay Hardway

Jay Hardwayは未だ25歳という短いキャリアの中で、すでに成功をおさめダンスミュージックシーンの中で特別な存在と証明を果たしている。中でもマーティン・ギャリックスとの共作”Wizard”は世界中でプレイされ、まさにアンセムとしてヒットを飛ばし、ソロ活動においても世界中で評価を受けている。

オランダのドリューネンという小さな町で生まれたJay Hardwayは14歳でアーテイストとしてキャリアが始まった。

そして18歳となった彼は沢山のクラウドが集まるクラブで彼らをロックするまでに至った。

ほどなくしアフロジャック、マーティン・ギャリックス、NERVOを輩出したspinnin ‘Recordsからリリースを行い、現在は多数のビッグアーティストが所属するACE エージェンシーに所属するまでに昇り詰めた。

彼はTiëstoのDJ、アフロジャックのプロデュース能力、レイドバック・ルークなどの作品に触発され、スキルを磨き、4年の間に数多くの作品を生み出した。

2013年3月にリリースされたマーティン・ギャリックスと彼のトラック ‘Error 404’は、Beatportチャートで#16を記録し、また再びマーティン・ギャリックスとのコラボレーション作’Wizard’は世界的なヒットを生み出し、世界中のBIG ARTISTにPLAYをされ、1週間でYouTubeで3,6万PV、現在1.8 億PVを誇り、またリリース2日後にBeatport#1の脅威的な売り上げを果たし、’Wizard’は、2013年、最大のEDMヒットを一つとなった。 また2014年にJay Hardwayの初ソロ作’Bootcamp’はBeatportチャートの上位にランクイン果たした。

着実に実績を上げた彼は、podcast内にて’Inspire’というコンテンツの中でHakkasan、EDC、Dance ValleyといったBIG GIGをコンセプトとした配信を行い人々の賞賛を欲しいままにしている。