SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Jerome LOL

Jerome LOL

21世紀10年くらいたつと、エレクトロニックミュージックのクリエイターたちが、インターネット上で出会い、交流を深め、そしてオンラインのみだけで新しい作品が次々とリリースされるという時代に急速に移り変わっていった。そんな時代の申し子ととしてシーンに登場し、インターネットから生まれたアー ティストとして一躍注目を集め、数々のヒット作品を世に送りだしていったのが LOL Boysであった。その中心的メンバーであったのが、LAのアンダーグラウンド をベースとするプロデューサー/DJ、Jerome Potterである。LOL Boysとして発表した作品のなかでも、ニュージャック・スウィングをエレクトロニカ的なタッチでオーバーホウルし、全く新しいベースサウンドとしてアウ トプットした傑作が2012年にリリースしたEP『Changes』で、大ヒットを飛ばす。そのリリースを最後に盟友DJ Markus Garciaとの活動は一区切りをつけたものの、Jerome はソロとしてその意思を引き継ぎ、LAのアンダーグラウンドなクラブシーンではもうすっかり欠かすことのできない存在となるほど成長した。そして現在は最新のダンスミュージックを追求しながらも、ユニークで、そして当然インタ―ネット上の美的感覚をもち続けながら活動の幅を広げている。