SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

John Tejada

John Tejada

名門レーベルPalette Recordingsを手がけ、Pokerflat、R&S、7th City、Sinoといった多くの人気レーベルから作品をリリースしてきたベテランアーティストであるJohn Tejada。リミキサー、DJ、レーベルオーナー、更には映画やテレビへの楽曲提供などでも活躍するエレクトロニックミュージック界で最も多忙なアーティストの一人である。音楽一家に生まれ、幼少よりクラシックピアノの教育を受けて来たJohnは、ロックからヒップホップまで様々な音楽を吸収し、やがてアシッド・ハウス、デトロイト・ハウスといったエレクトロニックミュージックに傾倒して行くこととなる。94年、盟友Arian Levisteとの共作の発表を皮切りに、[R&S]、[A13]、[Multiplex]といったレーベルからリリースを重ね、次第にその名を国際的に知られるようになる。96年には自身のレーベル[Palette Recordings]を立ち上げ、瞬く間に活動の場を世界に広げて行くこととなり、10年以上に渡る国際的な活動を通じて20を越す国のクラブやフェスティバルに出演を果たして来ている。これまでにリリースしてきた無数の作品は、それぞれのレーベルカラーにマッチしつつも、ジャズ・テイスト溢れるサンプルとデトロイト・スタイルのシンセ音という独自の世界観を作り上げている。08年にリリースされた『Real Grooves Navigation 2』では自身の、そしてPalette Recordingsのベスト盤ともいえるミックスを創り上げている。また、09年にはイギリスが世界の誇るクラブFabricのミックスCDを手がけるなど、DJとしての評価も高い。最近ではKompaktからニューアルバム”The Predicting Machine”をリリースし、今後も多くのアーティストのリミックス作品も発表が決定しており、ますます目が離せない存在となっている。