SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Juan Maclean

Juan Maclean

James MurphyとTim Goldsworthyと共にDFAを創世記から支えている中心的アーティスト。DFAの一番初めの12-inchリリースにJuanの“By The Time I Get To Venus”が選ばれたことを考えれば、JamesとTimが彼へ寄せている信頼の大きさがよくわかる。思い返せば、DFAの快進撃はこの一枚のレコードから始まったのだ。2003年に発売されたデビューアルバム“Less Than Human”では“AD2003”、“Give Me Every Little Thing”“Dance With Me”といったDFAの歴史を語る上でなくてはならない名曲を生み出すことに成功。2009年はアルバム『Future Will Come』をリリースし、シングル「Happy House」が大ヒット。Daft PunkやAirといったメジャーアーティストのRemixやDFA コンピレーションなどでリリースを重ね、今やプロデューサーとしても成熟期を迎えた。DJとしてはアメリカ本土はもちろんのこと、現在ではヨーロッパ中のビッグフェスティバルで常連となるなどその勢いはDFAの中でも群を抜く。4月にはDJ KicksシリーズのJuan MacLean mix CDがリリースされ非常に高い評価を各地で受ける。2011年には新プロジェクト、Peach Melba名義でのリリース、オノヨーコのREMIXを手掛けるなど幅広い活動をしながら、世界中をツアーして回った。DFAの中で最もスキルフルと言われるそのDJプレイは必見である。