SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KAY SUZUKI

KAY SUZUKI

ロンドンを拠点に活動する日本人音楽家。2007年にBBC受賞パーティ/レーベル CO-OP からデビュー・リリース。その後も日英のレーベルからオリジナル、リミックス、リエディット等、勢力的に作品を発表し続け、2010年にファースト・アルバム CONSCIOUSNESSをリリース。DJとしても地元ロンドンのラジオやクラブ以外に数々のヨーロッパ諸国やアジアにも招かれ、日本ツアーも年々その規模を拡大中。幼少期から恵まれた音楽環境で育ち、ソウル、ジャズ、ファンク、アフロ・ビート等の生音楽から、デトロイトテクノ、ハウス、ロンドンのベースミュージックまで、その時代や都市のメッセージ・精神性が反映された文化的なダンスミュージック全般に多大な影響を受け、独自の哲学から基づく『時間芸術』を追求中。
過去にケイスズキの作品をプレイリストに挙げた著名DJは Gilles Peterson, Francois Kevorkian, Theo Parrish, Laurent Garnier, Osunlade, Alton Miller, Karizma, IG Culture, Simbad, Benji B, Kyoto Jazz Massive, Jazztronik, 松浦俊夫、須永辰雄など多数。