SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

KO KIMURA

KO KIMURA

プロDJ歴33年を越えたいわずと知れたカリスマDJ。クラブ創成期から、現在までシーンをリードし続けているのはもちろん、特に、国内のハウスミュージックシーンにおいて、現在活躍する多くの若手〜中堅DJたちに多大な影響を与えてきたDJである。そのDJ歴の殆どを最新の曲を探しディグすることに費やし、唯一無にのグルーヴ感でフロアを魅了しながらも、現在進行形で最新のダンスミュージックやDJスタイルを追求する姿勢は、国内のみならず、海外にもファンが多く、海外公演等も積極的に敢行中だ。エレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて最も大きな影響力を持つアーティストの1人であり、”テクノ 科学者” の異名を持つ DJ・プロデューサー :Richie Hawtinやグラミー・アーティストであるDub Fireなどから国内随一の信頼を得、また友人関係でもあるKO KIMURAを慕い、世界中の有名DJたちが彼の元を訪れる。その有名DJたちの多くは、現在まで続いたEDMブームの立役者であるスターDJたちがデビューする前から憧れを抱いてきたレジェンドばかりだ。また、DJ活動の傍ら、1940年代のオートバイのレストア方法をハーレー誌に連載したり、世界中の食歩きが記事化されたり、アニメーション関連の活動も積極的に行うなど、過去の布石やカルチャーメイクだけに留まらず活動中。