SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Kojoe

Kojoe

新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル・RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するも、その後にRAWKUSが閉鎖。
09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演。
完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。
同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVE OILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げた。17年11月にアルバム『here』をリリース。
この年を代表する日本語ラップ・アンセムとなった”BoSS RuN DeM”でのAKANE、Awichを筆頭に5lack、ISSUGI、BES、FEBB、MUD、OMSBら地域/世代/クルーの枠を越えた多彩なゲストが参加し、各所で高い評価を獲得。同作に参加した殆どのアーティストがゲスト出演した渋谷WWWXでのリリース・パーティの模様は、OLLIE誌で10ページもの特集されるという異例の大反響を獲得。
また『here』からキャリアをスタートさせたMIXエンジニアとしての才も発揮し、専門誌「サウンド&レコーディング」のカバーも飾った。
2018年には前作から9ヶ月という驚異的な早さでアルバム「2nd Childhood」を発表。
ラップのみならず、前作からさらに磨きのかかったビート/ プロデュース力が遺憾なく発揮されることとなった。
そして2019年に入り新たな企画として「DemoTape」のリリースを開始。
カセットテープでの1発録りというラップスキルと同様にRECスキルも問われる本作には、BUPPONと¥ellowBucksがそれぞれリリースを行い、今後も別アーティストの作品が控えている。
歩みを止めないKojoe。
2019年の次の一手に注目が集まる。