SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

NINA KRAVIZ

NINA KRAVIZ

NINA KRAVIZ、今、ハウスとテクノのコミュニティーの間では誰もが彼女の名を口にする。シベリアのIrkutskで育った彼女はモスクワに移住、そして2008年に作曲を始め、2009年には”Voices”をアメリカのUnderground Qualityからリリース、同時期にクラブDJとしての活動を本格的に開始、ロシア国内で最もリスペクトされたクラブ”Propaganda”の金曜日の顔となった。2ndリリース”First Time EP”もUnderground Qualityからリリースされ、世界中の有名DJから支持され、Resident Advisorでは高得点の4.5点(最大5)を獲得した。同年Radio Slaveのレーベル”Rekids”から”Pain In The Ass”をリリース (サイドBに”I’m Gonna Get You”を収録)、世界的に大ヒットとなる。その後はEfdeminとコラボレート、”Hotter Than July / Sun”をリリース、ハウス、テクノ、アシッドを巧みにミックスしたDJとして世界中の有名クラブから招かれる。2011年、彼女の快進撃は続き、UkのFabricとベルリンのPanorama Barで活躍をする傍ら”Rekids”から出るLPを制作、そして、Sven VathのCocoon Recordings限定LP6枚組+CDコンピレーション・アルバムに”W-Bleu”が収録された。リスナーは彼女のトレードマークである、あらゆるスタイルのアンダーグラウンドミュージックを融合した音を耳にするであろう。今回、待望の初公演を果たす彼女のあらゆるスタイルのアンダーグラウンドミュージックを融合した音を耳にするであろう。