SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Noisecontrollers

Noisecontrollers

2005年バス・オスカムとパートナーの2人でスタートしたハードスタイル・アクト。

数えきれない程の楽曲をFusion Records、Scantraxx Records、そして自身が主宰するレーベル Digital Ageからリリースし数々のヒットを生む。2012年にリリースされた「ゲット・ルース」、そしてハードウェル「アポロ」のリミックスで、世界にその名を轟かせる。ファースト・アルバム『E=NC2’s』ではリリースに合わせ、『X-Qlusive Noisecontrollers』を開催。その人気は不動のものとし、2012年度DJ Mag ランキング27位に選出される。2014年1月1日、ノイズコントローラーズはバスのソロ・プロジェクトとして再始動。二人が違った道に進むというニュースは、ハード・スタイルの聖地とも呼ばれる巨大フェス『Qlimax 2013』の直前に発表され、そのステージが非公式ながら二人でのラスト・パフォーマンスとなった。音楽制作における優れた才能と類まれなる創造力、そして情熱の上に成り立つノイズコントローラーズは、新しいサウンドとスタイルを追い求め、革新的なサウンドを生み出している。王者の風格で、シーンのトップに君臨する。