SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Oliver Nelson

Oliver Nelson

Oliver Nelsonは現在のダンスミュージックシーンを支配しようとしてさえいるスウェーデンはストックホルム出身のの若手アーティストである。Kygoや、 Tobtokと並んで、90年代生まれのスウェディッシュNu Breed 中では将来がもっとも期待されているプロデューサー/DJなのである。そんな彼は17歳の時にJusticのD.A.N.C.Eに衝撃を受け、ダンス ミュージックの制作をはじめた。その後3年の休みのない制作活動の後にYelleの「C Je」のリミックスでデビュー。

熱心な音楽ファンであった両親の影響もあり、音楽的な経験値の高かった彼は、次第にそのクリーンでありつつも厚みのある独特のニューディスコ・サウンドを 一層洗練させ、活気に満ち溢れたシンセに、あたたかくてポジティブなメロディーを織り交ぜた独特のサウンドを確立した。Justin Timberlake’s “Suit and Tie” やNaughty Boy Ft. Sam Smithの “La La La”のリミックスではSound CLoudを通じて遂に世界中にその名を知られる結果となった。その後はリミックスのオファーが後を絶たず、ホイットニー・ヒューストンの30年前のデビューアルバムからのHow Will I know のリミックスはUltraからリリースされ、新しい世代に今ひとたびこのトラックを伝えた。
数々のDJギグをこなし、相変わらず無数にやってくるリミックスの依頼の中でついに今年5月、オリジナルトラック、”Found Your Love”をリリース。 はやくも快進撃をつづけている。デビュー5年後ではあるが、リミックスのみで注目を集めてきた若干25歳の新人のファーストEPでここまで注目を集めるのは異例である。また、スウェーデンから驚くべく才能が出現したのは間違いがない。