SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

p355

p355

2020年9⽉にDubstepのDJ「p355」として活動を開始する。 Bass Music Party「LOW LIFE」の⼀員として、多くのパーティーに出演し着実に 経験を積んでいく。 2020年冬に⻑ᰀ県⽩⾺村にあるクラブ、ConcreteでDarkpsyと出会い、その⾳楽 性に衝撃を受ける。 2021年2⽉にはConcreteのオーナーから別名義である「P5YWHY」を名付けてもら い、本格的にTranceのDJとして活動を開始する。 そして、2021年7⽉に⾃身のパーティ「Exerpsyse」を主催し⼤成功を収める。 知名度も着実に上がっており、ageHa、VISION、WOMBなど国内有数の⼤箱でも プレイし、活動の場を広げている。 また、埼⽟の⻄浦和にあるReggae cafe & BAR HONEY BEEに務めており、 Reggae Soundに触れることで、彼の⾳楽性のエッセンスとなっている。 彼のプレイスタイルは、これまでの多様な経験(主に⼥性)を⾳楽性に反映した、常 識に縛られない型破りなプレイでオーディエンスを魅了する。 Bass music名義の「p355」としては、Dubstepを軸にDrum & Bass やDub を混 ぜた᯿厚でDeepなBass soundでフロアを揺らす。 ⼀⽅ではTrance名義の「P5YWHY」としてDark psyやHitechの⾼速なBPMを⾃在に 操りフロアを焼けᰀ原にする。 そして何より、無類のパーティー好きである彼が歩む⾳楽⼈⽣にこれからも⽬が離せない。