SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

SANDY RIVERA

SANDY RIVERA

過去十数年のキャリアの中でシーンに残した軌跡は、なにものにも変えがたい。彼自身のレーベル:Deep VisionよりリリースされたSoul Vision名義の数々のフロア・アンセム、そしてハウス・ミュージックを理解するものであれば、誰でも1度は耳にしたことがある名曲:Kings of Tomorrow “Finally”。また、DJミックス・コンピレーションとしてはDefected>から発表した「In The House」、Renaissanceの「The Masters Series 8」などなど、SANDY RIVERAのプロダクションはソウルフルなボーカル・ハウスから、激しいビートが連呼する完全フロア仕様のトラックまで非常に幅広い。NY生まれでプエルトリカンの血を引き継ぐ彼は、ありとあらゆる音楽が交差する環境で若き日々を過ごした。当時の影響はいまだなお、彼の根底にしっかりと残っている。??その多様性こそが彼の音楽性そのものであり、それは彼なりのハウス・ニュー十九というメンタリティー/フィルターを通して我々に届けられる。