SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Sik-K

Sik-K

R&BシンガーソングライターでもありラッパーのSIK-Kは、韓国の富川(プチョン)出身。彼は韓国の音楽シーンにとって若手ではあるが、若者のトレンドセッターとしてその名を知らしめている。2016年に初のフルEP「FLIP」を発表後、韓国アーバンミュージックシーンの第一人者Jay Parkが新たに設立したレーベル『H1GHR MUSIC』と契約。『H1GHR MUSIC』の第一弾アーティストとして、EP「H.A.L.F (Have.A.Little.Fun)」をリリースする。自身のポテンシャルを遺憾なく発揮したその作品には、Jay ParkとCrushをフィーチャーしたメロウな”party (SHUT DOWN)”、同じく韓国のスター的アーティストSimon DominicとThe Quiettを招いた” 아주 조금”などが収録されている。その後は、韓国はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカでのコンサートを開催するなど、世界中を舞台に活躍中。そんな勢いのある新鋭アーティスト、SIK-Kは成長し続け、若いジェネレーションへ良い影響を与えることも常に願っている。