SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Smif-N-Wessun

Smif-N-Wessun

テックとスティールからなる、HIPHOP史上に名を残す最重要2MCユニット。 地元ブルックリンで結成されたHIPHOPクルー、ブート・キャンプ・クリックに所属するグループとして1993年、ブラック・ムーンのアルバム『EntadaStage』に参加。 その後、1994年にデビューシングル“Bucktown”を発表し、アンダーグラウンドシーンにて一挙に注目を集める。 1995年にリリースされたファーストアルバム『DahShinin’』はビルボードR&B/Hip-Hopチャートにて初登場5位をマークし、 現在においても「90年代を代表するHIPHOPアルバム」として高く評価されている。 その後も1998年に『The Rude Awakening』(銃器メーカーから訴えられた為に、本作のみココア・ブラヴァーズ名義でのリリース)、 2005年には『Smif’n’ Wessun: Reloaded』、そして2007年には『Smif-n-Wessun: The Album』をリリースしており、 依然勢いを衰えさせることなく世界中のアンダーグラウンドヘッズを魅了し続けている。 また、DJスタティック・セレクターなど若手アーティストとのコラボレーションも多く、 スティールは2010年2月にソロMCとして二枚目のオリジナルアルバムとなる『Amerikkka’sNightmare, Pt. 2』をリリース。