SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

SOOOO

SOOOO

2014年に曲作りを始めて以降、一貫して「思春期の負の側面」に焦点を当てた自罰的な作品を作り続けているボカロP

インダストリアルやダークアンビエントの要素を取り入れたヘビーで攻撃的なサウンドにJ-Popから多大な影響を受けた美しいメロディを織り込み、自身の混沌とした激情を表現している。

代表曲の「Happppy song」は海外を中心に人気を博し、YouTube50万再生、自身がFeatured Artistを務める音楽リズムゲームosu!では全世界で累計150万回以上プレイされている。