SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

SOUTHPAW CHOP

SOUTHPAW CHOP

あくまでオリジナルレコードにこだわり続けるベテランDJ/プロデューサー。かつてはDJ KrushやDJ Hondaといった世界的なDJに師事、以降同世代のDev Largeらとハングアウトしながら、前述のDJ Krushのアルバム『覚醒』(1998年)への参加や、Nipps”God Bird”のプロデュースなどを通じて、その職人的な才能を徐々に世に知らしめてきた。ここ10年はレーベル・オーナーとして、Large Pro.やA.G.といったレジェンドとの共作シングルや、DJ Kocoらのミックス音源のリリースなどを数多く手掛けている。最近では自身名義でのリリースやプロデュース業も活発化、それらの音源をまとめた初の公式アルバム『Leftovers on the Table』をはじめ、前述のDJ KocoとのユニットFunky Soul Brothers、キング・オブ・ディギンことMuroとのユニットDouble Barrelの始動、Groove Marchant音源のオフィシャル・リワークなどを手掛ける傍ら、現場でのDJプレイに自ら手掛けたヴァイナルを織り込むスタイルで、イタリア、スイス他ヨーロッパでのギグを成功させるなど、その多岐に渡る活動からはしばらく目が離せそうにない。