SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

SPIN MASTER A-1

SPIN MASTER A-1

現在までに様々なキャリアと経験でオリジナルスタイルを確立しその幅の広さと洗礼されたテクニックでオーディエンスを魅了し、突出した個性と独自のアイデアを武器に表現力をアップデートしながら進化を続けている。DJという枠を越えるべく「LIVEができるターンテーブルアーティスト」としてショーケースを始め来日アーティストやバンドのフロントアクトなども務める。
あらゆる音楽にハイレベルなスキルと最新のアイデアでオーディエンスと共振するその空間はまさにOne and Only そこに”SPIN MASTER”という新たな世界がある。「ハイクオリティなShow」と「今まで無かった何か?」をテーマに様々な場所でエネルギーの交信&交換を続けている現在進行形ターンテーブルアーティストの一人である。
またShing02のLIVEターンテーブル担当としても知られており現在製作中の日本語アルバム「有事通信」の制作にも関わってる。