SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Stretch Armstrong

Stretch Armstrong

DJとして成功を収める秘訣の一つは、どれだけ観客の心を理解できるかにある。Stretch Armstrongは、ラジオでの人気を集める以前に、クラブDJとして観客の心を掴むスキルを身につけていた。どんなcrowdでも、皆彼の虜になってしまうという優れた才能を持つ彼は言う。「オレは自分の事を頭の良いDJだとおもっているんだ。オレはどんな客とでも心を通わせることができる。だから、ゲイパーティーのHouseでも、ハードコアなヒップホップのパーティーでもオレにとっては、関係ない。それに昔は、ジャンルがそんなに分かれていなかったんだよ。」と語るStretch はBig Haus, Love Transporter Room, Nell’s, Marsなど伝説と呼ばれるNYダウンタウンの人気クラブでDJとしてのキャリアをスタートさせ、その新しいものにチャレンジする事を恐れず、常にオリジナリティーを追求するという彼独自のスタイルで業界の注目を集めた。

New Yorkから LA, Miami, Chicago, Detroit, Cleaveland そしてスイスから東京までStretchは良い音楽を求めてやってくるクラウドの為にプレイしてきた。彼はクラブプレイと同時にEminemのライブDJやSadeのリリースパーティー、 またMTV Spring Break, the Arsenio Hall Show, the Conan O’Brian showや Vibe TVなどテレビでの仕事から映画『ボイラールーム』の音楽コンサルタントなど、彼の選曲同様幅広いフィールドで数多くの仕事を精力的にこなしている。

Stretchは、1990年の冬からColombia大学のラジオ局WKCRで(89.9FM)で自身の番組をスタートさせる。木曜夜1時から5時までの4時間、最新のHip-Hopヒット曲から、Breakbeats、ClassicsのDJミックス、Freestyleを織りまぜた彼のDJミックスと共演のBobbitoとの、軽快でなおかつ歯に衣着せぬトークで人気を集めた。この番組は着実にファンを増やしていき、そのショウを録音したテープはあっという間に世界中に広がっていく。しかしそんな中でも彼は、周囲の意見に惑わされることなく、ストリートが求めているものだけをかけ続け、八年間の放送期間でストリートの心をしっかりと掴んだのだ。コマーシャル中心のラジオショウは一過性の熱狂に過ぎないものと考えて、他のDJ達がラジオでのオンエアをためらうような音楽でも、彼はアンダーグラウンド、そして『良い音楽』にこだわって自分のショウを作っていた。まだ有名になる前のNasやDMXも1991年にこの番組に出演。またNotorious BIG、Jay-Z、Nas、EminemらHip-Hop界の伝説的アーティストや、Mobb Deep、Brand Nubian、DITC、Big L、Wu-Tang Clan、Busta Rhymesなど現在ではHip-Hopを語る上で欠かせないアーティストの多くがStretchのこの番組でブレイクのきっかけを手にした。まさにStretch Armstrongなくしては全ての「伝説」は有り得ないのである。米Hip-Hop人気雑誌The Sourceは”the Stretch Armstrong Show”を<Best Hip-Hop mixshow of All Time>として絶賛。その後も彼と彼の番組は各方面から絶賛され、数々の賞を受賞した。こうしてStretchはクラブDJとしてだけでなく、Hip-Hop界の重要人物としてさらなるスポットライトを浴びると同時に、その地位と確実なファン層を手にしたのである。

現在のラジオ番組の多くがBobbitoとStretchの番組をモデルとして作られている。SWAY&King Tech, DJ RevolutionによるUnderground Hip-HopとアーティストによるFreestyleを中心としたラジオ番組も全く同じ形態といえるものであり、Stretch が昔居た89.3 WKCRのDJ Mayhemのラジオ番組”The Half time Show”も又同じ形態といえるであろう。しかしながら最初に始めた人物、『改革者』は他でもないStretchなのである。

当時誰も挑戦しようとは思わなかった、Mobb Deepとのレコード契約。それを果たしたのもLOUD recordsでA&Rとして働いていたStretchである。それ以外にも、Dogg Pound の”NY NY” に対抗して、自身のレーベルであるDolo Recordsから”Lesson 1 & 2″ “LA LA”というニ本のミックステープをリリース。そして、Lil’Kim の最初のヒットであり、当時新人スターであったJay-ZをFeaturingした”Big Mamma Thang”をプロデュ-スするなど、その活動の幅は広い。世界的なクラブヒットとなったBIG NOYD “USUAL SUSPECTS”のStretch Armstrong Remixは彼の存在をさらなる次元へと導いた傑作である。彼の成功に基づいているものは、彼が持つ「直感」であり、ヒップホップの流行は、それを追うような形となっているといってもいいだろう。

現在はラジオの活動はすべて止め、クラブでのDJとまた自身のレーベル所属アーティストのプロデュースとマネージメントに専念しているという。『今でももちろんHip-Hopに対する愛は変わらない。ただオレは1つのジャンルにこだわらないだけなんだ。それにオレは、古いもの、新しいもの、そしてジャンルに関わらず良い音楽を聞き分ける耳を持ち、それを人々に提供する事が出来るのが素晴らしいDJの定義だと信じているからね。』とStretchは語る。

そのスタイルを変えない限り、Stretchはこれからも成長し続けるだろう。彼は、その才能と質の高いミックスによって、全ての人種、国境をも超越したトップDJとなり、これからもその頂点に君臨し続けるのである。

(訳:@HIRO_NUMATA)