SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Teki Latex

Teki Latex

盟友Orgasimicとともに、フレンチ・ヒップホップ・グループTTCの主要メンバーとして、Roots Manuva、DIPLOを擁したブリット・ヒップホップの名跡BIG DADAより、2000年代に3作のアルバムをリリース。自身もTacteelとともにレーベルInstitubesを設立して、para one、surkinの才能を世界に伝えた。2009年より、新たなレーベルSound Pellegrinoで、Zombie Disco Squad, Bobmo そして L-Vis 1990らのリリースをし、ハウス、テクノ、トロピカルそして時にはブリティシュガラージュからのインスパイアを大いに覗わせている。
彼のDJセットは、30%のSound Pellegrinoサウンド、30%のハウスクラシック、20%のニューサウンズ、そして10%のヒップホップで構成され、クラウドのリアクションに よってゲイハウスもミニマルもヒップホップも、時にはポップスもドロップされる。ソロであっても、OrgasmicとのSound Pellegrino Thermal Teamでも、忙しく世界中をツアーし、ここ日本ではBig Oとコラボでファッションのデザインもしている。「現代のヴォーカルハウス」である、ヴォイススタイルは今夜もどこかで炸裂しているはずだ。