SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

The Juan MacLean

The Juan MacLean

James MurphyとTim Goldsworthyと共にDFAを創世記から支えている中心的アーティストがJuan Maclean である。

DFAの一番初めの12-inchリリースにJuanの「By The Time I Get To Venus」が選ばれたことを考えれば、JamesとTimが彼へ寄せている信頼の大きさがよくわかる。思い返せば、DFAの快進撃はこの一枚のレコードから始まったのだ。2003年に発売されたデビューアルバム『Less Than Human』では「AD2003」、「Give Me Every Little Thing」、「Dance With Me」といったDFAの歴史を語る上でなくてはならない名曲を生み出すことに成功。Daft PunkやAirといったメジャーアーティストのリミックスやDFAコンピレーションを始めとする10枚のシングル、アルバムリリースするなど今やプロデューサーとしての貫禄まで備わってきている。DJとしてもアメリカ本土はもちろんのこと、ロンドンのFabricへ出演するなどその勢いはDFAの中でも群を抜く。

2009年はアルバム『Future Will Come』をリリースし、シングル「Happy House」が大ヒット。

近年はボーカルのナンシー•ワングとのユニットを組んだThe Juan Maclean というグループは現代のエレクトロニック音楽の音を全部利用してる天才グループにかわった。

今回のアルバムではナンシーの人間性がメロディに出て多くの影響を与えている。

ナンシーがいないとこんなにも感情豊かなアルバムはできないだろう。the Juan Maclean は様々なジャンルから音を吸収し自身のフィルターで通しオリジナルのサウンドを作ってる。

the Juan Macleanの天才的な部分は古い音からインスピレーションを起こし新しいものを紹介することだ。

The Juan Macleanは本当のパイオニアだ。