SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

THOMAS GOLD

THOMAS GOLD

とどまらないYouTuberからの支持、Billboardのトップ10入りを経て、Thomas Goldのミキシング・スタイルとその名は、世界中のクラブ・シーンで旋風を巻き起こした。ダンス・ミュージックが再び音楽業界を席巻した時に、このドイツ生まれのアーティストはトップ・シーンに君臨し最も尊敬される存在にあった。

Thomas Goldは、スタジオからステージへと活動の場を広げている。ドラムとブラスを用いたThomas Goldのパフォーマンスは、Ultra Music Festivalや、Electric Daisy Carnival、Coachella、Mystery land、Tomorrowlandといった最も人気の高いダンス・イベントにおいてですら、会場を一体化し、飲み込んでしまう。

自身の存在を確固たる者にした後、【Armada】【Toolroom】【Size】などのレーベルから、Thomas Goldはヒットを量産し続けた。Axwellの 【Axtone】からリリースした “Sing2Me”はマイアミで多くのファンを魅了し、やがてビルボードの頂点へと輝いた。このミキシングはThomas Goldを象徴する曲だと言われている。Adeleの“Set Fire to the Rain”をYouTube再生回数世界一に導いたのもThomas Goldの貢献が大きい。彼のFacebookのフォロワー数に見て取れるように、Thomas Goldは人の数を動かす強大な力が備わったミキシングの王者として、またシンガーとして今も君臨し続けている。