SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

TJR

TJR

TJRこと、トーマ ス・ロドスキーは,アメリカ東海岸からLAに音楽的な野心を抱き移り住んだ時、自分自身のスタイルを貫くことを決して恐れることのなかった。
やがてバウンシー・ハウスと言う自らのトレードマークを確立し、 ‘Booty Move’ や 2pacのリミックス ‘California Love’ そして、 Surecut Kids’ ‘DrunkIn This’などのトラックが、ファットボーイ・スリムや、チャッキーなどのサポートを受けて、そのスタイルはシーンで程なく確固たる地位を築く。
その自身のスタイルについて、TJRはただの「90年代の産物」としているが、ビースティ・ボーイズ、メタリカからボブ・マーリーなどあらゆる音楽を好 んで聞いていた彼にとってジャンル分けは無用で、Claude Vonstrokeや、UmekからKnife Partyまで熱い支持を受ける理由はそこにあるのだろう。
‘Funky Vodka’ではオールドスクールなサンプリングを駆使してBeat PortのチャートでNo1を獲得し、2012年にはラッパーPitbullの最新アルバム『Global Warming』に参加し、メジャーでのデビューもついに果たしている。
トラック制作は自身のクリエイターとして重要な位置を占めるとしつつも、DJをすることが自分にとってのリリースであるとTJRは断言してい る。「ブースにたつと興奮が抑えきれず、すべてをぶち壊したくなっちゃうんだ、スクラッチも多く使うし、サンプルも多用するしフェーダーだって駆使する。それこそが僕のステージパフォーマンスだと思っているし、来てくれた人には今ま でとは全く違うダンスフロアの経験をさせてあげたいんだ。」
TJRがブースに立つとき、その夜あなたがこれまでとは違う、全く新しいパー ティエクスペリエンスができるということは約束されているようなものだ。