SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

TODD EDWARDS

TODD EDWARDS

Todd Edwardsはアメリカ、ロスアンゼルス出身のグラミー賞受賞のハウス・ミュージックプロデューサーである。ハウスレジェンドとして、ダフト・パンクの共同制作者として有名な彼は、ヒプノティックなカットアップサンプルをスイングさせたビートにのせ、ディスコフレーバー満載のベースラインをそのトレードマークとしている。
また、UKガラージの祖として、その独特の4つ打ちのビートは多くの熱狂的なファンベースを抱えている。ダフト・パンク、Roy Davis Jr.といったアーティストにも提供してきたその伝説的な自身のプロダクションの数々に加え、フェニックス、サム・スミス、ジャスティス、TLC、m-flo、Hot Chip、サーキンらに提供したその珠玉のリミックス達のリストは実に膨大な量になる。
Todd Edwardsはダフト・パンクが2度コラボレーションした唯一のアーティストである。2001年の作品、Face To Face、そして昨年グラミーを受賞した『Random Access Memory』に収録された、「Fragment of Time」では、ボーカル、作曲、プロデュースを手がけた。これまで来日したことのない、最後の大物として待ち望む声の多かった伝説のプロデューサーが、Kitsuné Club Nightで遂に初来日を果たす!