SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

UMEK

UMEK

長いことスロベニアは、良質なパーティがあることで知られていたが、実際DJや プロデュースなどをプロの世界レベルでやろうとすると、どうしても国外に飛び出さざるを得なかった。Umekは、90年代 中頃、正に今述べたステップを踏んだ。
そして世界で最も重要なテクノDJに成長を遂げ、同じ視点を持ったクリエイター と共に、Valentino Kanzyaniと立ち上げた自身のレーベルRecycled Loopsなどを通じてスロベニアのテクノサウンドを世界 のダンスミュージックシーンに進出されたのだった。
2007年初め、1605Music Therapyを設立。それか彼のクリエーションの第2ステー ジの始まりとも言えるものだった。
1605 Therapyを通して、Umekは野性的なオルタナサウンドと、大箱のアンセム的 人気トラックを混ぜあわせうまく成功することとなった。それだけでなく、Renaissance, Little Mountain, Ultra,Pacha, Armadaなど様々なレーベルからリリースすることで世界中のラジオ局で音源がOAされたり、ダンスミュー ジックフェスティバルへの出演、Essential Mixの制作など活躍の場を広げることとなり、Sander Kleinenberg, Fergie, Ti?sto, Judge Jules, Eddie Halliwell, John Digweed, M.I.K.E. and Carl Coxからも常に支持を受け、その結果がDJ Magのランキングにも如実に現れた。
充実したコンテンツを提供するWEB:www.umek.siとwww.sixteenofive.comを最近 立ち上げ、1605Therapyはレコードレーベルとして活動を更に活発なものとした。レコードレーベルの設立 を「エレクトロニカの日」に発表。
プロデューサーのVoRrのOutlaws / Project 1.333リリースと時を同じくし、02 年リリースの大ヒット作「Gatex」は新たなFergieのRemixで、また生まれ変わった。
今まで南米ツアーやインド、ヨーロッパ各地を巡り、ますますその名声を不動のものにしている。