SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

Yoshitaka Shirakura

Yoshitaka Shirakura

Noise、Avant-garde、Technoを混合するDJ、オーガナイザー。前衛的な間と地を這うグルーヴ、そしてノイズミュージックで培った上音を織り交ぜ空間を特異に歪ませる。

近年の活動として、Takaaki Itoh、DJ Yaziと共にContact Tokyoにて”Konvektion”を主催、そしてコロナ禍の最初の非常事態宣言中にTsutomu(Sawagi)、iYAMAと24時間配信パーティー”We Win C”を6週間、毎週末開催し、日本全国、世界中から総勢129名のブッキングをし話題を呼び成功を収めた。

また、落合SoupにてKyosuke Teradaと共にSound art、Noise、Droneを主体とした”震道”、そしてYasunobu Suzukiと共にTechnoを主体とした”またたび”を定期的に開催している。

その他に”CAMP Off-Tone”、”夜春風”、”Sawagi Festival”、”Re:birth”、”iLINX”のブッキングなどで関わる。

独自の活動として、都内を中心とした様々なパーティーを駆け巡りながらDJ、オーガナイズを精力的におこない、さらにはAmbient配信”Float”を主催している。

DJ以外の活動として、音楽家のReizenと共にExperimentalユニット”Fuguli”としても活動し、VLT PRODKTよりリリースされたコンピレーションアルバムに参加。
ソロでは2019年よりベースギターを用いたドローンライブを開始し、新たな幅を広げている。